カプセルトイ投資

これまでにも様々な投資話は出てきましたが、リスクとリターンのバランスが重要なものがほとんどでした。サラリーマンや看護師またはOLといった人たちの間で流行した不動産投資は家屋一軒分の購入費用が必要ですし、先物取引は姿形がまだない物への投資になりますから一種の賭けです。カプセルトイ投資は在庫を抱える事にはなりますが、初期費用は10万円を大幅に切る数万円だけで完売すれば、一ヶ月分の生活費をまかなえる程度の収入を得る事ができるのですから、魅力なビジネスですし大もうけとは言わないまでも、そこそこの儲けを得られるなら充分な利益です。

損失も最小限にとどめる事ができて痛みが少ないとなれば、やってみたいと思う人は多いはずです。しかも一度設置してしまえばカプセルトイが自分で稼いでくれますから、まさに不労所得です。カプセルトイ本体は販促品専門店から安く手に入れる事ができます。実際これまでも本命商品の販促品として展示会場やセレモニ会場で準主役のように活躍してきましたし、お祭りのメーン会場には必ずと言って良いほど設置されていたのを、多くの人が目にしています。デパートの踊り場や売り場の一角にも数台当たり前のように置かれていました。(参考資料・・・カプセルトイ・ガチャガチャ専門店「あミューズ」

これほど身近にあるおもちゃはありません。おもちゃ玩具の多くは子どもが自分で買うには高額ですが、カプセルトイは唯1つ子どもたちが自分の小遣いで購入できるおもちゃです。売り上げもさることながら子どもたちの笑顔があふれ感謝されるビジネスの代表のようなカプセルトイ投資は、今後もしばらくは活用され続けるはずです。不況になってもこれだけは廃れる事なくしぶとく残る希少な存在でもあります。